人形町

人形町の名称は、江戸時代に人形遣いが多く住んでいたと云われる。
又、人形町は、江戸時代は通りの名の総称として呼ばれていた。
大坂町、島町、住吉町、和泉町、堺町、芳町などが人形町通りに面し、
人形町と呼ばれていた。

人形町が、町名となったのは昭和8年(1933)。
日本橋人形町(旧)、日本橋芳町、日本橋蛎殻町(旧の一部)、
日本橋小網町(一部)、日本橋浪花町(一部)がひとつになり、
日本橋人形町が誕生した。

人形町 人形町通りの案内板

人形町は、太平洋戦争で被災を受けることなく昔ながらの町並みのある下町。
重要文化財指定の建物や古文書など貴重な資料が残る。

人形町1丁目の小菊通りには、
江戸時代から明治の初めまで、火消しポンプとして活躍した龍吐水(りゅうどすい)。

人形町は、江戸時代から、職人の町としても栄え、
江戸時代創業の老舗が、平成の現在まで軒を連ねている。

人形町2丁目の甘酒通りには、
中央区唯一のつづら職人「岩井つづら店」がある。
つづらは、竹と和紙でつくられた籠(かご)を朱や黒の漆(うるし)を塗布した工芸品。
軽くて通気性が良く、防虫効果があるつづらは、世代を超えた伝統工芸品です。

人形町3丁目の人形町通りには、
創業から220年以上続く「うぶけや」。
商品は、爪きり、はさみ、包丁など300種ある刃物専門店。
はさみや包丁の研ぎ直しも、1週間程度でしている。

人形町は、人形町通りを中心に、ひとつ路地を入るとワンダーランドと化す、魅力ある町だ。

人形町 人形町通りのからくり櫓(やぐら)

スポンサードリンク

ページトップへ

サイトMENU

Copyright (C) 人形町観光ガイド. All Rights Reserved 2011-2016.