残らず栄養を取りたいなら非加熱製法

青汁の製法には大きく分けて加熱、非加熱の2種類がありますが、原料に含まれている栄養素を余すところなく摂取したいのなら非加熱製法の青汁がおすすめです。
なぜ非加熱製法の青汁なら、残らず栄養を取ることができるのでしょうか。

加熱することで壊れる栄養素がある

青汁の原料に含まれている栄養素の中には、熱に弱いものがあります。
主なものとしてはビタミンB群やビタミンC、酵素などが挙げられます。
加熱製法の青汁だと、こうした栄養素は製造過程で壊れてしまい、摂取することができなくなってしまうのです。
これに対し、非加熱製法の青汁ならばこうした栄養素を壊してしまうことはありませんので、残らず栄養を取りたいならばおすすめなのです。
特に、酵素はほとんどのものが50~70度で壊れてしまいますので、非加熱製法の青汁でなければ摂取することはできません。
アンチエイジング効果のあるSOD酵素を摂取したいと考えているような人は、注意が必要になってきます。

熱湯に溶かしてはいけない

ただ、非加熱製法の青汁を飲む際には気をつけてほしいことがあります。
それは、絶対に熱湯に溶かしてはいけないということです。
そもそも非加熱製法の青汁のメリットは、熱によって栄養素や酵素が破壊されていないということです。
熱湯で溶かすことでこの成分が壊れてしまう可能性があり、非加熱製法の青汁を購入した意味がなくなってしまうためです。
ビタミンCなどは熱に弱いといっても、100度ぐらいならばほとんど壊れてしまうことはありません。
しかし、酵素は極めて熱に弱いため、熱湯に入れると簡単に壊れてしまいます。
逆に40度前後のぬるま湯ならばまず壊れてしまいませんので、湯に溶かすならばそのぐらいの温度にとどめておきましょう。

非加熱製法の青汁は、熱に弱い栄養素や酵素を摂取できるのがメリットです。
飲む際にはそうした成分が壊れることがないよう、溶かす際に熱いお湯を使わないようにしましょう。