青汁の原料ってなにがあるの

青汁を作るためにはいろいろな野菜が原料として使用されています。
すべてを紹介するのは難しいので、主なものを紹介していきましょう。

青汁の三大原料とは?

青汁には「三大原料」と呼ばれるものがあります。
大麦若葉とケール、明日葉です。
それぞれ、どのような特徴があるのでしょうか。

大麦若葉

他の2つに比べて味に癖がないため、飲みやすいというのが最大のメリットです。
鉄分が多いため貧血対策としてもおすすめです。
また、SOD酵素を含んでおり、老化の原因となる活性酸素の働きを抑えてくれます。
デメリットは、他の2つよりもカロリーが高めなことです。
詳しくは大麦若葉の効果効能

ケール

ビタミンCには活性酸素の働きを抑える働きがありますが、このケールを最も多く含んでいるのがケールです。
カルシウムやマグネシウムも多く、骨を丈夫にしてくれます。
デメリットはこの中では味に癖が強いことで、青汁がまずいと言われる一因となっています。
詳しくはケールの青汁の特徴

明日葉

ビタミンAの元となるβカロテン、ビタミンEは最も含有量が多くなっています。
利尿効果のあるカリウムも多く含まれており、むくみ解消にも役立ってくれそうです。
また、カルコンというポリフェノールも含まれており、内臓脂肪を減らしてくれる働きがあります。
詳しくは明日葉の青汁に含まれる有効成分

それ以外にはどのような原料があるの?

青汁のベースとなっているのはこの3種類ですが、それ以外にもいろいろな原料が使用されています。
クマザサの葉には必須アミノ酸9種類のうち7種類が含まれており、体作りに役立ちそうです。
桑の葉は糖分を分解する酵素の働きを阻害し、糖分が体に吸収されるのを防いでくれます。
ヨモギは体を温めてくれる効果があり、血行促進に役立ってくれるといった具合です。
最近では沖縄原産の長命草が使用されている製品もあり、三大原料を上回る栄養バランスを持っているということで注目されています。

このように、青汁といっても使われている原料はさまざまです。
貧血や疲労回復、アンチエイジングなど、目的に合った原料が使用されている製品を選ぶのがおすすめです。
そんな気になる青汁の価格についても合わせてご覧ください。