冷凍粉末の青汁を購入しよう

粉末タイプの青汁の製法は、加熱や冷凍などいろいろな製法があります。
購入がおすすめできるのは、冷凍粉末タイプの製品です。
冷凍粉末の青汁には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

栄養素や酵素が破壊されていない

冷凍粉末の青汁の最大のメリットは、原料に含まれている栄養素や酵素をそのまま摂取できることです。
青汁の原料に含まれている栄養素には、ビタミンB群やビタミンC、酵素のように熱に弱いものがあります。
特に酵素は、60度を超えると破壊されてしまうものが多くなっています。
加熱タイプの青汁の問題点は、製造中にこうした栄養素や酵素が壊れてしまい、摂取できなくなってしまうことです。
これでは原料を十分に生かしているとは言えません。
冷凍粉末タイプならば、熱によって栄養素や酵素が壊れてしまうことはありません。
栄養素や酵素をほぼ原料に含まれている状態で摂取できるのは、このためです。
ちなみにビタミンAをはじめとする脂溶性ビタミンなど、熱に強い栄養素については加熱タイプの青汁であっても、問題なく摂取することができます。

熱湯に溶かすのは厳禁!

ただ、冷凍粉末タイプの青汁を飲む際には、気をつけてほしいことがあります。
それは、決して熱湯に溶かしてはいけないということです。
冷凍粉末の青汁には、熱に弱い栄養素や酵素が含まれているのですが、熱湯に溶かすことでそれらが破壊されてしまうためです。
特に酵素は、60度前後で破壊されてしまうものが多いので、熱湯に溶かすと高確率で破壊されてしまいます。
これでは加熱タイプの青汁と変わりなくなってしまい、何のために冷凍粉末タイプを購入したのか分からなくなってしまいます。

繰り返しますが、冷凍粉末タイプの青汁がおすすめなのは、製造中の熱によって栄養素や酵素が破壊されることがないためです。
このメリットを生かすためには、溶かす水の温度を40度前後に抑えるなど、含まれている栄養素や酵素が壊れてしまうことがないように注意しましょう。